脳神経内科 リハビリテーション 脳血管障害 脳梗塞 脳卒中 しびれ ふるえ つくば市

B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック

脂質異常症

名前と”脂質”の意味

脂質異常症(ししつ-いじょうしょう)は、以前は高脂血症(こうしけっしょう)と呼ばれていた、生活習慣病のひとつです。

ここでいう脂質とは、お腹の贅肉とかではなくて、血液中のコレステロールや中性脂肪のことを指します。

コレステロールや脂質の量が適正でない状態を脂質異常症と表現しますが、多すぎることが問題になるがほとんどです。

なので以前は高脂血症と呼ばれていたのですね。この呼び名が変わった理由に関しては後ほどお話しします。

コレステロールは、ホルモンの材料になったり、細胞膜を作ったり、脂肪の吸収を助けたり、といったさまざまな働きがあり、中性脂肪はエネルギー源として働きますが、過剰になるとからだに障害をもたらします。

悪玉=LDL、善玉=HDL

コレステロールにはいくつか種類があり、一般的に言われている悪玉コレステロールの代表格であるLDLコレステロールと、善玉コレステロールの代表格であるHDLコレステロールの2種類が有名で、大事です。

それ以外にも細かいものがあるといえばあるのですが、大雑把に『悪玉=LDL、善玉=HDL』と覚えていただければ十分かと思います。

そして善玉であるHDLコレステロール。

これが減るのが問題になることもあるため、高脂血症から脂質異常症の呼び方へと変わったのでした(先程の回答です)。

自分では気づきにくく怖い病気です

脂質異常症は、高血圧や糖尿病などと同様に自覚症状に乏しく、動脈硬化によって重篤な病気を引き起こすのが特徴です。

現在患者数は約700万人いるといわれており、増加傾向にあります。

などの要素に遺伝的素因が関与して発症します。

また糖尿病では中性脂肪の産生が増加し、喫煙者ではHDLコレステロール(善玉コレステロールと呼ばれ、動脈硬化を予防する働きがある)が低下します。

動脈硬化が引き起こされることも

脂質異常症の状態が長く続くと、増えた悪玉コレステロールや中性脂肪などが血管の内側に少しずつたまって、血管の中にかたまりを作っていきます。

そして血液の流れが滞ったり血管の弾力性が低下してしまいます。これを動脈硬化(どうみゃくこうか)と言います。

重大な事態が起きてから気づく場合が多い

動脈硬化になってもまだ自覚症状はなく、心臓や脳の血管につまって、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしたり、血管が破れる脳出血などがおきてようやく脂質異常症の危険さに気づくのが実際です。

しかしご存じのとおり、その時にはかなり危険な状態となり、命にかかわったり身体にまひが残ったりしてしまいます。

日本人の死因の第2位と3位を占めているのは、心臓病と、脳卒中です。

これらはどちらも、動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。動脈硬化を防ぐことはとても重要で他人事ではないのです。

脂質異常症の症状

定期的な健康診断が大切

脂質異常症は、先ほど述べた通り、生活習慣病の中でも特に自覚症状が見られず、定期的な健康診断で調べてもらうことでしか、病気を発見する方法はありません。

脂質異常症の診断は、12時間以上食事をとらずにいたあと採血して、血中の脂質を測定します。

定期健診なら、採った血液を血液検査所に回して、いっぺんにさまざまな血液検査をしますから、特別に脂質異常症のための検査というものはありません。

健康診断の結果から、医師と一緒に対策を立てましょう!

ただ実際に検査の数字を見ても、そのまま放っておいてしまう人がたくさんいらっしゃるのが現状です。

症状がないのはまだ初期の段階である証拠です。

ここで対策を立てないのは非常にもったいなく!、実際に大きな病気に発展してからでは遅いということはここまで読んでくださった皆様ならご理解いただけていると思います。

皆様の夢溢れる未来を守るためにも、ぜひご来院頂けたらと思います。

お薬だけでなく、さまざまな対処法のアドバイスもさせていただきますし、実は大丈夫な基準や目標値が人によって違うというのも脂質異常症の特徴なので、早めに安心する意味でも、お気軽にご来院くださいね。

脂質異常症の症状と原因

脂質異常症の主な原因は食生活と生活習慣が挙げられます。

一般的にイメージされているように、油の多い食事、間食、野菜不足、運動不足などによるメタボリックシンドロームが原因となります。

それ以外にも注意が必要な項目をご紹介します。

仕事や家庭でのストレス

ストレスを感じると、身体の中では交感神経が刺激され、血管を収縮させ、血圧が上がります。

また、体内で様々な物質がたくさん作られ、コレステロール濃度や血糖値が高まります。

こうした直接的な作用のほかにも、ストレスを感じると、食生活が乱れたり、お酒を飲み過ぎたり、と悪い影響が出やすくなるのは、お分かりかと思います。

こうした結果として、中性脂肪やコレステロールを増やしていってしまうのです。

ストレスの対処はなかなか難しいもので、個人差もありますがうまく付き合っていける方法を見つけていけると一番いいのですが、なかなか難しいですよね・・・。

どの人にも効果的な方法として運動があるのですが、当院では、リハビリもメインで行っており、運動の指導が得意な理学療法士も在籍しております。

運動習慣がなく、運動も苦手で何をやったらいいかわからない方にも、やり方からアドバイスもできます。

また、医学的に実証された様々なストレス解消法・リラックス方法/技術もお伝えしたり、漢方薬も使用したりなども皆様のご希望に合わせて行いますので、ぜひ遠慮なくご相談ください。

たばこ・喫煙習慣

たばこに含まれるニコチンは、交感神経を刺激させる作用があり、血圧を上げ、心拍数を高めるなど、心臓に負担をかけてしまいます。

他にも以下のようなことがあげられます。

これらはいずれも動脈硬化を促進してしまいます。

今は禁煙も病気として治療が可能になっています。1日も早く禁煙することをお勧めします。

当院では禁煙外来も行っていて、オンラインでも対応できます。

一人で禁煙するのが難しいと感じていらっしゃる方(それが普通です・・・)は、ぜひ禁煙外来も積極的に利用してくださいね!

脂質異常症の治療

対処としては、下記のように皆様が主体で行える治療もたくさんあります。

しかし、高血圧と一緒でそれだけではなかなか血液中のコレステロール値、中性脂肪値が下がらない場合もあります。

その場合にはお薬による治療も一緒に行います。

「薬は飲みたくないな・・・」という方も結構いらっしゃると思います。

その気持ちもよくわかります!もちろん上記の治療もしっかりとサポートし続けます。

ただ、高血圧同様、脂質異常症そのものが問題という以上に、そのせいで起こる可能性が高まってしまう脳梗塞や心筋梗塞などの合併症の方が大きな問題です。

それらを『予防』するために脂質異常症をコントロールする必要があります。

できる限り最小限のお薬で目的が達成できるようサポートしていきますので、一緒に頑張っていきましょう!