水ぼうそう|つくば市|内科・小児科| B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック

つくば市(つくば駅よりバスで15分)の内科・小児科 B-Leafメディカル内科リハビリテーションクリニック つくば駅より徒歩15分

診療時間|つくば市の内科B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック

電話番号|つくば市の内科・小児科 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック

駐車場有|つくば市の内科・小児科 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック

ネット予約|つくば市の内科・小児科・リハビリテーションクリニック

クレジットカード
交通系マネー各種対応

水ぼうそう

水ぼうそうとは?

水ぼうそう(水痘)は、水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella-Zoster Virus, VZV)が引き起こす感染症です。

主に幼児や小児に発症しやすいですが、成人でも感染することがあります。

水ぼうそうは、発疹や痒みを伴うことが特徴で、一般的に軽度の病気とされていますが、合併症を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

感染力が非常に強く、感染者との接触や空気中の飛沫によって広がります。

症状

水ぼうそうの主な症状には以下のようなものがあります。

発熱 最初の症状として軽度から中等度の発熱が見られることが多いです。
発疹 発熱後1~2日で、赤い斑点が出現し、次第に水疱(みずぶくれ)になります。これらの発疹は、顔、頭皮、胴体、手足など全身に広がります。
痒み 発疹は強い痒みを伴い、掻くことで傷ができたり、細菌感染を引き起こすことがあります。
全身倦怠感 発疹や発熱に伴って、全身のだるさや食欲不振が見られることがあります。症状の重さや発疹の数は個人差がありますが、通常、1~2週間で症状は改善します。

診断

水ぼうそうの診断は、主に臨床的な症状や発疹の特徴を基に行われます。

医師は患者の皮膚の状態や発熱の有無を確認し、他の類似した病気(例えば、帯状疱疹手足口病)との区別を行います。

必要に応じて、血液検査やウイルスの検査を行うこともあります。

治療

水ぼうそうの治療は、主に症状を緩和することを目的としています。

以下は一般的な治療法です。

抗ヒスタミン薬

痒みを抑えるために使用されます。

解熱剤

発熱を和らげるために使用されます。

ただし、アスピリンはライ症候群を引き起こす可能性があるため、避けるべきです。

抗ウイルス薬

特に重症例や免疫力が低下している患者に対してはしっかりと使っていくのが必要です。

特に状態に応じて点滴での治療が推奨される場合もあります。

免疫能が正常な方には、使用することで1~2日間ほど症状が早くよくなり、重症化も防ぎやすくなります。

副作用との兼ね合いになりますが、基本的にはおすすめします。

特に症状出現してから24時間以内は効果が高いため、治療がおすすめです。

処方例
  • アシクロビル:1回あたり20mg/kg(最大投与量800mg)を1日4回、5日間投与します。ただし1回の最高投用量は200mgとします。
  • バラシクロビル:病変が治癒しない場合は、1回あたり20mg/kg(最大投与量1000mg)を1日3回5日間以上投与します。

また、発疹が細菌感染を起こさないように、清潔を保つことが重要です。

爪を短く切り、掻き傷を防ぐことも推奨されます。

注意すること

水ぼうそうは非常に感染力が強いため、以下の点に注意が必要です。

感染防止策

感染者は発疹がかさぶたになるまで、他の人との接触を避けることが重要です。

特に、妊婦や免疫力が低下している人に対しては注意が必要です。

入浴については、熱がなければ入って大丈夫です。

登校停止基準

発疹がすべてかさぶたになり、発疹周囲に赤みなどがなくなったら感染性がなくなり、登校可能です。

通常、発疹が出てから1週間程度です。

潜伏期間

感染後、症状が出るまでの潜伏期間は通常10~21日です。

この期間に他の人に感染させる可能性があります。

曝露予防

周りに水ぼうそうの方がいた場合の、感染予防としては、ワクチン接種→予防内服の順番で推奨されます。

ワクチン接種が可能な方は以下の全部を満たしている方になります。

  • 年齢:1歳以上(12か月以上)
  • 妊娠していない
  • 免疫不全状態ではない

上記の方で、1回以下しかワクチン接種していない方はすみやかにワクチン接種(5日以内がベスト)を摂取することで発症予防の可能性が高まります。

もし、上記以外またはワクチンが5日以内に接種できないなどの場合には予防内服を検討します。

予防内服のレジメンは以下になります。

小児
  • アシクロビル:1回20mg/kg(最大投与量800mg)を1日4回、7日間経口投与
  • バラシクロビル(3か月以上の小児):1回20mg/kg(最大投与量1g)を1日3回、7日間経口投与する。
成人

腎機能が正常な患者に対する投与量は次のとおりです。

  • アシクロビル:800mgを1日5回、7日間経口投与
  • バラシクロビル:1日3回1gを7日間経口投与

予防投与され、水ぼうそうが発症しなかった未接種の方は、ワクチンの禁忌がない限り、通常、曝露後 1~2か月後に水痘ワクチンを接種します。

水ぼうそうについてご不明な点やご相談がございましたら、つくば市の内科小児科B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックまでお気軽にご相談ください。

つくば市の内科小児科 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックでは、医師をはじめスタッフ全員のチームプレーで、みなさまの健康をお守りいたします。

ちょっとした身体の不調や、受診してよいか悩むような場合でもつくば市の内科小児科、B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックにお気軽にご相談ください。

>> 医院紹介はこちら


この記事の監修者

小野間先生写真

小野間 優介(おのま ゆうすけ)

B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック 院長

  • 日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医取得
  • 日本医師会認定産業医
  • 茨城県難病指定医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

--プロフィール--
2022年7月に茨城県つくば市にB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックを開業し、
『お身体の不調で困った時にとりあえず相談できるクリニック』
『生活期に改善を目指したリハビリを行えるクリニック』
『Web問診・オンライン予約・オンライン診療などを取り入れ、高齢者だけでなく働く世代もアクセスしやすいクリニック』
この3つの特徴で、皆様の健康を守り、『夢あふれる未来』を創り上げるお手伝いをしていきます。

関連リンク

症状から探す
物忘れ
頭痛
めまい
力がはいらない
ふるえ
しびれ
かぜ
鼻水
吐き気・嘔吐
病名から探す
高血圧
脂質異常症
糖尿病
認知症
脳血管障害(脳卒中)
一過性脳虚血発作(TIA)
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
パーキンソン病
てんかん
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
帯状疱疹
帯状疱疹ワクチン
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
新型コロナウイルス感染症の後遺症
気管支炎
気管支喘息
不整脈
過敏性腸症候群(IBS)
膀胱炎
胃潰瘍
胃腸炎
甲状腺機能亢進症
インフルエンザ
咽頭痛
子宮頸がん
子宮頸がんワクチン
変形性股関節症
変形性膝関節症
手根管症候群
ばね指
頸椎症
RSウイルス感染症
溶連菌感染症
ヘルパンギーナ
手足口病
水ぼうそう
咽頭結膜炎(プール熱)
アデノウイルス感染症

つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックのよくある質問のご案内です

つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックより医療従事者の皆様へ

つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックでは各種健康診断を行っております

つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックで実施中の予防接種や各種検査、文書作成などの料金をご案内しております

つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックで扱っている症状
かぜ
鼻水
吐き気・嘔吐
物忘れ
頭痛
腹痛
胸やけ
便秘
下痢
体重減少
めまい
力がはいらない
ふるえ
しびれ
つくば市つくば駅より徒歩15分のB-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックで扱っている病名
高血圧
脂質異常症
糖尿病
認知症
脳血管障害(脳卒中)
一過性脳虚血発作(TIA)
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
パーキンソン病
てんかん
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
帯状疱疹
帯状疱疹ワクチン
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
新型コロナウイルス感染症の後遺症
気管支炎
気管支喘息
不整脈
過敏性腸症候群(IBS)
膀胱炎
胃潰瘍
胃腸炎
甲状腺機能亢進症
インフルエンザ
咽頭痛
子宮頸がん
子宮頸がんワクチン
変形性股関節症
変形性膝関節症
手根管症候群
ばね指
頸椎症
RSウイルス感染症
溶連菌感染症
ヘルパンギーナ
手足口病
水ぼうそう
咽頭結膜炎(プール熱)
アデノウイルス感染症

ページトップへ|つくば市の内科・小児科・リハビリテーションクリニック