胃腸炎|B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニック つくば市 内科 脳血管障害 脳梗塞 脳卒中


  つくば市の内科、リハビリテーション科 脳神経疾患対応 B-Leafメディカル内科リハビリテーションクリニック

つくば市の内科、リハビリテーション科 脳神経疾患対応 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックの診療時間は月・火・水・金:9:00~12:30、14:30~18:00、土は6:00~12:30 休診日:木曜・日曜・祝日 ※第1、3水曜日は16:30まで、第4水曜日は休診

つくば市の内科、リハビリテーション科 脳神経疾患対応 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックの電話番号は029-869-8317

内科、リハビリテーション科 脳神経疾患対応 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックは専用駐車場を揃えております

内科、リハビリテーション科 脳神経疾患対応 B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックはインターネットからの予約が可能です

クレジットカード
交通系マネー各種対応

胃腸炎

胃腸炎とは、胃や大腸・小腸などに炎症が生じた状態で通常軽度から重度の下痢がみられ、発熱、嘔気・嘔吐、腹痛、食欲不振といった症状を引き起こす病気です。

急な下痢は感染性胃腸炎が原因であることが多く、ウイルスや細菌への感染が原因で起こる病気で、それぞれウイルス性胃腸炎細菌性胃腸炎と区別されますが、これらをまとめたものを感染性胃腸炎といいます。

またウイルスや細菌などの感染が原因ではなく、薬物やアレルギー物質・暴飲暴食や寝冷えが原因で下痢などの症状を起こすことを非感染性胃腸炎といいます。

原因

感染性胃腸炎

感染性という名前の通り、細菌やウイルスなどへの感染が原因で腹痛や下痢を引き起こす病気の総称で、ウイルス性胃腸炎細菌性胃腸炎があります。

急な下痢の症状は、感染性胃腸炎が原因であることが多く、すべての年齢層で発症が認められますが、とくに乳幼児や高齢者によく見られ、季節性があるのも特徴です。

また感染性胃腸炎の中でも、食物や飲み物から感染したものを食中毒といいます。

ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスには、「ノロウイルス」「ロタウイルス」「サポウイルス」「アデノウイルス」などがあり、感染経路は、いずれも感染者の吐物や唾液・便などに含まれるウイルスの飛沫や接触によって、人から人へと感染が広がっていきます。

ノロウイルスは食中毒のなかでも一番発生数が多く、秋から冬をピークにして1年中発生の可能性があります。

細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎の原因となる細菌には、「カンピロバクター」「サルモネラ菌」「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」「腸管出血性大腸菌」などがあります。

細菌は、高温多湿な環境を好んで繁殖するため、夏に流行が見られやすいという特徴があります。

非感染性胃腸炎

非感染性胃腸炎には様々な原因があり、抗生物質の内服による腸炎(薬剤性腸炎)や食物アレルギーによる胃腸炎(アレルギー性腸炎)、冷たい食べ物や飲み物を摂取しすぎて胃腸機能障害を起こしてしまうことなどが一般的です。

症状

感染性胃腸炎の症状

典型的な症状および経過は、嘔気・嘔吐から始まり、続いて腹痛、そして下痢、これら3つの症状のうち最低2つの症状が数日の経過で見られる場合、胃腸炎を疑います。

特に胃腸炎の症状として重要なのは下痢です。

下痢がない場合は胃腸炎以外の病気も考える必要があります。

ウイルス性胃腸炎

嘔気・嘔吐、腹痛、下痢、発熱(軽度)などの症状が出ます。

風邪に似た症状が(発症当日には激しい症状がありますが、2日程度で快復します)があらわれます。

※症状が嘔吐のみ、嘔吐と下痢が同時に始まることもあります。

※潜伏期間は、喫食してから通常24~48時間です。(平均36時間)

細菌性胃腸炎

発熱や嘔吐の症状より、下痢が主症状であることが多く、血便をともなうこともあります。

非感染性胃腸炎の症状

感染性のものより症状が弱いことが多く、発熱することもほとんどありません。

しかし、薬剤性腸炎では抗生物質などによる腸内細菌の変化によって下痢や下血が起こります。

アレルギー性腸炎では、下痢や嘔吐・腹痛などが主な症状で、血圧低下・蕁麻疹の症状が見られる場合もあります。

検査・診断

診断は、汚染された食べものや水の摂取歴や特定の微生物の感染者との最近の接触歴、抗菌薬の使用歴、臨床検査の結果に基づいて下され、胃腸炎が疑われるときには必要に応じた検査が行われます。

採取した便を調べる検査が一般ですが、血液検査・呼気の検査・画像検査が行われる場合もあります。

検査の結果がわかるまでに2~10日ほどの日数を要します。

内視鏡により胃腸の内部を詳しく確認する検査もあり、胃腸炎の検査方法としては最も確実です。

ウイルス性胃腸炎を疑う場合は、どのウイルスでも治療や気をつけることが同じなため、特に検査は必要ありません。

ただし、ウイルス性ではなく、カンピロバクターなどの細菌性を疑う場合は、便培養検査を行うことも考えます。

また、胃腸炎に紛れた重篤な病気も疑われる場合は、血液検査や心電図検査などを追加で行うこともあります。

なお、ノロウイルスに関しては検査キットがありますが、ほとんどの場合で自費になります。保険適応の範囲が非常に狭いのでご注意ください。

予防

こまめな手洗いの徹底や、食品をきちんと加熱する、加熱が不十分な食べものを避けることが感染を防ぐ最善の方法です。

また、脱水症状を防ぐためにこまめな水分補給が大切です。

水分補給には電解質や糖がバランスよく配合された経口補水液が有効です。

水分が取れない場合には点滴による治療が行われます。

家庭や公共の場で流行らせないために、トイレを流す前にフタを閉める、タオルを共有しないことも大切です。

(ビオフェルミン製薬「感染性胃腸炎(食中毒)?のあなたへ」より引用)

治療

症状に加え、生活環境や症状が出るまでの数日間で飲食したものの状況などを確認し、感染性胃腸炎なのか非感染性胃腸炎なのか、感染性胃腸炎であれば、ウイルス性か細菌性か、原因を検討し治療にすすみます。

細菌性胃腸炎の場合は、抗生物質を使用して治療をしていきます。

ウイルス性胃腸炎の場合は、直接ウイルスに効果のある薬はなく、抗生物質は効きません。

対症療法で、自分の免疫力とともに徐々改善することが多いです。

水分補給で改善のサポートや、整腸剤を内服して下痢の悪化を防ぐようにしていきます。

整腸剤は下痢の期間を1日くらい短縮してくれると言われています。

下痢を止めてしまうのは却って症状が長引く原因となることが多いため、基本的には「飲んで出す」という意識が重要になります。

非感染性胃腸炎は、重度でなければ自然治癒することが多いです。

薬物性腸炎が原因となる場合は、その薬を中断、または別の薬剤に変えます。

アレルギー性腸炎が原因の場合は、原因となる食べ物を摂取しないよう食生活に気をつけます。

また胃薬や整腸剤の内服によって、胃腸の炎症を改善する治療が行われます。

参考資料

関連リンク

症状から探す
物忘れ
頭痛
めまい
力がはいらない
ふるえ
しびれ
病名から探す
高血圧
脂質異常症
糖尿病
認知症
脳血管障害(脳卒中)
一過性脳虚血発作(TIA)
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
パーキンソン病
てんかん
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

医療従事者の皆様へ

予防接種や各種検査、文書作成などの料金をご案内しております

症状で探す
かぜ
吐き気・嘔吐
物忘れ
頭痛
腹痛
胸やけ
便秘
下痢
めまい
力がはいらない
ふるえ
しびれ
病名で探す
高血圧
脂質異常症
糖尿病
認知症
脳血管障害(脳卒中)
一過性脳虚血発作(TIA)
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
パーキンソン病
てんかん
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
帯状疱疹ワクチン
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
新型コロナウイルス感染症の後遺症
気管支炎
気管支喘息
不整脈
過敏性腸症候群(IBS)
膀胱炎
胃潰瘍
胃腸炎
甲状腺機能亢進症

このページの先頭へ戻る